FLAMINGO-SAPPORO

札幌のアメカジ・セレクトショップFLAMINGO

Buzz Rickson's アウター ブランド 商品紹介

BUZZ RICKSON'S 34ozメルトンダッフルコート

バズリクソンズから34ozヘビーメルトンロングダッフルコートが入荷しました。 BR13590  52000円+TAX

しっかりした綾織りのウール生地を使用したダッフルはフードをかぶれば、冬の海でも耐えられる防寒性を持っています。

フロントは手袋をしたまま開閉できるように、トグルとロープという仕様になっています

元々漁師が着ていたコートだけに、トグルの材質は漁に使う「浮き」を流用したものと言われています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダッフルの名前は、ベルギーのアントウェルペン州の町、デュフェル(Duffel)に由来し、これを英語で発音するとダッフルになりました。
この町の特産物であるファスチアン織りという綾織りの丈夫なウール生地をヨーロッパ各地に輸出していきました。
強く縮絨をかけてあるため水にも染みにくく、クッション性にも優れた生地は爆薬箱の内張に使われるほどでした。
本来は北欧の領民が作業着として着用していたダッフルコートは、手袋をしたままでも開閉できる様にトグルロープで閉じるというのが基本となっています。
トグルは漁に使う「浮き」を流用したものと言われており、木製なのはそれが理由となっています。
もう一つの特徴であるフードは寒さから着用者を保護する目的で、頭から被ることで体温が低下するのを防いでくれました。
ダッフルコートがイギリス海軍で採用されるようになったのは第二次世界大戦からであるが、採用までの背景は判然としていなません。
最初期型の特徴はフロントのトグルが3本となっており、フードには調節可能なスナップボタンがついている。また、内側の裾に付いたストラップは海風に晒される船上で裾がばたつかない様、足を通して着用するためのディティールであった。 シンプルでありながら防寒性の高い英国軍のダッフルコートは、その後世界中の国々で広く愛用されるようになりました。

-Buzz Rickson's, アウター, ブランド, 商品紹介

おすすめの記事

1
長年「桃太郎ジーンズ」を取り扱ってきたアメカジショップがプロの目線でおすすめポイントを紹介

当店のブログをご覧いただきありがとうございます。 札幌中央区でアメカジショップを ...

2
Fullcount(フルカウント)15.5ozXXのデニムから生まれる美しい色落ち

皆様はジーンズにどのような色落ちを求めますでしょうか・・・? FLAMINGOお ...

3
桃太郎ジーンズ、初めて洗うタイミングは?抜群の色落ちをキープする秘訣をプロが紹介。

こんにちは。札幌のアメカジショップ「フラミンゴ」です。 実は最近、当店でジーンズ ...